「まだ噓つきなあなたへ」

Dear the boy who cried wolf.  "Don't cry. Go anywhere."

本日は、アクリル画・ドローイング展

「まだ嘘つきのあなたへ」にお越し頂きありがとうございます。

この展示は3月までに行った二回の展示後の5ヶ月で、

分を通して見えた景色を作品としてまとめたものです。

前二回の展示を通して私は、

今まで自分のためでしかなかった絵の向こう側に、確かに人がいることを実感することができました。

そのため今回の展示は、

もし実際に自分の描いた絵がその向こうの側にいる人のためにあるならば、

自分に何ができるかという事を考えながら作品作りを行いました。

もし、そこに人がいてくれたとして、

自分が人に見てもらいたくて、

自分が人に差し出せるものなんて、

「自分が弱い人間で、だからこそ絵を描いている」という事くらいだと私は思います。

だからそういう私的な意味では、今回の展示のタイトルはそのまま自分に向けてのものですし、

自分と同じような誰かに伝わってほしいというエゴです。

 

例えば、自分のことを嫌いな人間は、「ただ生きる」という事が、多分出来ない。

自分の弱さや汚さをただ見つめて生きる事が、出来ない。

自分を信じれなくて、自分を認められない人間は、

自分を諦めて心を塞ぐか、何かが変わると思いながら前に進む事しか、出来ない。

しかし、これ以上自分を嫌いにならないための手段が前を向くことしか無いのなら、

諦め続けることができるほど強くはない僕らは、

まだ嘘つきでしかない自分を許さなくてもいいし、

まだ嘘つきでしかない自分を、無理に受け入れようとする必要はないと思う。

「まだ」を信じれる限り、僕らが嘘をつく価値はまだあるから。

いつか何かを変えられる日まで、

まだ本当にできていない嘘を、つき続けていけば良い。

 

どうか、この展示の何かしらの作品が、見て下さった方の心に届きますように。

2013. 9. 1 幸山 将大

date: 2013.8.31[SAT] - 9.8[SUN] ※9.14[SAT]まで延長しました。

place: zerocafe

© 2013-2018 km-Portfolio All Rights Reserved.

  • Facebook Basic Black
  • Black Instagram Icon

happymter0903@gmail.com       Tel: 080-6395-1765