「いつか見た光が向かう方へ」

"you can't be alone any more."

 

 


この度は、絵画展「いつか見た光が向かう方へ」にお越しくださり 本当にありがとうございました。

この展示は、昨年の4月に行った 前回の展示から1年半の間に、

「光を描く」ということをテーマにして制作した作品 約20点を並べたものです。

明るい絵を描き始めた前回の展示を通して僕は、

その先も変わらず続いていく日々の中で 尚も光を描き続ける意味を知りたいと考えるようになりました。

 
例えば 歩き続ければいつかきっと抜ける暗がりの先で、

「自分には何もない」という空っぽを手放したとしても、

「自分がいなくたって誰も困らない」なんて一人ぼっちから離れたとしても、

日々を生きる上での生きづらさや理不尽の雨は変わらず目の前にやってくる。

けれど、甘えが通じなくなったその場所から自分たちは、

自分の足で立って歩いて行かなくちゃいけない。
だから僕は、安心できる暗さを離れた後も変わらず光を描き続けていられる術が欲しい。

そんな想いをもって制作する中で僕は、

自分が届きたくて、そして、これまで自分が描こうとしてきた光は、

何か特別になるために必要なものでも、目指していた憧れになれたら得られるものでもないと感じました。

 

自分が描きたかった光とはきっと

どこか明るい場所に立てたから描けるものではなく、

立つ場所の明るさに関係なく、

絵を描くことを通してそれだけ強く「生きたい」と願い叫べるかという想いそのものだった。

 

自分はそうして描ける光を、生まれて消える命の中で全うさせたくて、

一人ぼっちから離れた今も、そしていつか立ち止まってしまうような時も、

自分の歩く指針として ずっと自分の隣にあって欲しいと思う。

この展示でカタチになった作品たちが どうか見て下さった方の心の糧になり、

今を生きる僕たちに寄り添えるものでありますように。

2015.12.12  幸山将大 

 

date: 2015.9.5[Sat] - 9.13[Sun]

place: pieni deux

https://pieniecole.jimdo.com

いつか見た光が向かう方へ
いつか見た光が向かう方へ

こんな絵が、正しく祈りでありますように こんな落書きが、正しく唄でありますように こんな光が、この先も隣にありますように

new song
new song

This is my fuck'in world. Listen !

THIS IS NOT THE END.
THIS IS NOT THE END.

This is not the end.

cherry blossoms in my April head.
cherry blossoms in my April head.

唐突に咲き誇る春に頭をもたげる。 春は足早に通り抜けていって、 また始まっていく一周分の景色を眺めてみる。 生き方はいつだって、人に笑われる方を選んでいられますように。

寝っ転がって、空を見ていた
寝っ転がって、空を見ていた

寝っ転がって、空を見ていた。 世界はただただ とてもキレイで、 こんな朝は、 何に届かなくたって、光はすぐ側にいてくれたりするのに。

Cloud 9(nine)
Cloud 9(nine)

透明になっていく心で、 透明な音楽で、 透明な眼になって、 ずっとずっと上空にのぼっていく 世界はきっと素晴らしい。 信じて。

my Blue Planet
my Blue Planet

瞳の奥に、消えない青色を。

It's wonderful.
It's wonderful.

(no document.)

Untitled flickers
Untitled flickers

今日も名前の無いままに光が流れていく。 全てはあまりに速すぎる。

帰り道
帰り道

I saw the sky today. and I recall the melody of my favorite.

caravan rote
caravan rote

Let me know how far we can take the light, please. (僕らは、どこまで光を運んでいけますか)

still raining
still raining

泣きたいのはきっと、 こんなクソみたいな世界が、途方もなく美しいから こんな景色はズルいと思ってしまうのは、 こんなに閉じていく自分が まだ見ぬ光に心を震わせるから まだ生きてみたいって 聞こえるから 本当に。生きようとしていない自分が怠けているみたいだ

In a liberated area / 解放区にて
In a liberated area / 解放区にて

I wish everyone's happy, and we can always smile. I still have such a fuck'in hope. In my mind, my works, and a liberated area. I draw it again and again.

a fever / 熱病
a fever / 熱病

流れていく夏 じりじりとうだる蝉の声 こんな焦燥感を餌にして、僕たちはどこかに行かなくちゃな。 今ある高揚や耳鳴りは、 きっと次の季節には引き継げなくて、 ましてや来年になんて持ち越せないから。 心を掻き乱す感情たちだってきっと、愛おしい今を鳴らしてくれている。

ただ泣きたいだけなのだろう
ただ泣きたいだけなのだろう

立ち尽くしてしまうことに きっと理由はなくて、 そこに意味を求めるほどに 足はすくんでく。 あなたの頭は、きっと ただ泣きたいだけなのだろう。

おやすみモンスター
おやすみモンスター

まだ心は暗いまま、 景色の変わるところまで、 眠れない夜が続いていく。 ここに光は無くて良いよ。

We're dancing in the dark.
We're dancing in the dark.

僕たちは皆、それぞれの暗がりでダンスを踊ってる。 悲しい度に音は鳴り、 嬉しい度に音は鳴る。 その声はあなたにしか聞こえない。

paint me, break me, recall me
paint me, break me, recall me

描いて、壊して、思い出して、 そうしてここから 新しく始まっていきますように

アポロジー
アポロジー

I'm sorry. This light is not genuine. I'm sorry. But I paint a light again today.

暗夜行路
暗夜行路

悲しいだけじゃ終われない道は続く 明るいだけじゃ終われない道は続く その景色のどちらも愛おしいなら、 そのどちらもおそれず進めますように。

悲しみよこんにちは
悲しみよこんにちは

you can't be alone any more.

It's wonderful.
It's wonderful.

(no document)

展示風景 / exhibition view

展示中の写真たちです。期間中の空気が少しでも伝われば。

木漏れ日の気持ちいい、本当に素敵なギャラリーでした。

IMG_5882
IMG_6121
1 (2)
3
4
IMG_5935
5 (1)
5 (2)
207
IMG_5580
IMG_5585
IMG_5769
IMG_5777
IMG_5791
IMG_5794
IMG_5804
IMG_5807
2
IMG_5628
IMG_5828
IMG_5835
IMG_5819
IMG_5814
IMG_5810
IMG_5840
IMG_5842
IMG_5879
IMG_5971
IMG_5982
IMG_5981
IMG_5994
IMG_6124
IMG_5957
IMG_5877
IMG_5868
IMG_5939
IMG_5942
IMG_6185
IMG_6186
IMG_6214